東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます
トップページ > コラム > カーペットクリーニングで綺麗に保つ方法や頻度

カーペットクリーニングで綺麗に保つ方法や頻度

床に設置して使う物は、埃や汚れが蓄積し易いですから、足下に敷いて使用するならば、定期的な洗浄が欠かせませんし、カーペットクリーニングも同じく方法と頻度が重要です。
カーペットクリーニングは汚れを落としますが、具体的に付着したり染み込んでいる物は様々で、使う場所や人によって状態は異なりますから、対応方法も状況で変わるのは当然です。
土足で使うオフィスのカーペットクリーニングなら、外から持ち込まれる付着物が多いので、頻度は汚れ次第で決まりますが、可能なら2から3ヶ月に1回程度が好ましいといえます。
雨汚れや泥は、付着する汚れの中でも強固ですし、色々な性質が絡み合っていますから、単純な対応では落とせない可能性があります。
日頃から頻度を高めて綺麗に保てば、重大な汚染を発生させる事がなくなるので、1回あたりの作業量や時間は短くなります。
数ヶ月単位でプロに依頼する方法は最良ですが、普段から乾拭きでも頻度を高めて行えば、それがカーペットクリーニングの一部になりますから、汚染されるスピードを緩めて次の洗浄まで持たせられます。
家庭用の場合は、そこまで気を使う必要はありませんから、頻度は通常の使用なら年3度程度で済みますし、子供が居る家庭なら状況に応じて増やせるので、予算や目的で決める事が出来ます。
裸足や靴下で歩く場合が多い家庭では、カーペットクリーニングの技術はオフィスと多少異なりますし、強力な洗浄が必要なのは染み程度ですから、比較的短時間で綺麗になります。
日頃から掃除機を怠らず、染みを見たら直ぐに落とす作業を行えば、表面的な清潔感は保てますから、プロが対応するのは奥深くに潜む汚染物です。
ダニは埃などを好み、湿気を含む環境が最適ですから、定期的に追い出さなければ増えますし、日常的な手入れが不十分な時は、見た目以上に内部の問題が広がっています。
カーペットクリーニングで綺麗になっても、普段が不十分なら直ぐに元通りなので、表面と共に内部も清潔に保ちたいのであれば、多少面倒でも時間をかけて掃除する心掛けが大切です。
プロの掃除はリセットで、見るからに綺麗な状態を実現してくれますが、高い頻度で頼むのは現実的ではありませんから、次回まで維持する努力を継続し、平均的な汚染状況をクリーンに保つやり方次第で、子供から大人まで安心して快適な生活環境に身を置けます。
業務用のスチーム装置や、高性能なクリーナーの使用は、技術を持ってこそですから、プロは家庭では出せない結果を残します。