東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます
トップページ > コラム > カーペットクリーニングの種類と資格について

カーペットクリーニングの種類と資格について

カーペットの汚れやシミは見た目が汚いだけでなく、場合によってはダニの温床ともなりやすく健康にも影響を与えることがあります。カーペットクリーニングをすることによって汚れを落とすことができ、また、清潔で健康的な生活を送ることができるようになります。クリーニングは専門の業者に委託をすることにより、普段での手入れでは落ちにくい汚れやシミを除去することができ、また、ダニの発生を抑制したり出来るメリットがあります。

カーペットクリーニングには種類があり、現在日本で行われている方法には、ボンネット方式、シャンプー方式、スチームクリーニング方式、エンカプセレーション方式の4種類があります。各々にメリットとデメリットがあり、状況に応じて使うことによって効果を発揮することができます。クリーニングの大原則はドライバキュームです。つまり、最初にしっかりとした掃除をすることによって、各々の方法の効果を引き出すことができます。基本を押さえない場合には逆効果となる場合があり、注意が必要となります。

カーペットクリーニングの業務には資格があります。日本では初めてのプロフェッショナルアカデミーである、日本カーペットクリーナーズアカデミーがあり、ここでは世界的レベルのライセンスを持つプロクリーナーの養成を行っています。ここで技術を習得した人はカーペットクリーニングテクニシャンと呼ばれ、高い技術を用いてのクリーニングを行います。また、資格者には証明書が与えられるためにその印を確認できることによって安心して任せることができるようになっています。

カーペットは計画的なメンテナンスも大事なことになります。クリーニングを行った場合には、その後の維持管理にも気を付ける必要があり、怠った場合には、どのような種類のクリーニングを行ってもカーペットは長持ちがしなくなってしまいます。まず、予防的なものとしては、入口付近に防塵用マットを置いたり、風除室を設けたりがあり、日常的なものとしては、バキュームかけや、小まめなシミの除去があります。

カーペットのメンテナンスは日常的に行うことが一番重要であり、それには軽微なメンテナンスも含まれます。日常的なメンテナンスでカーペットの美観を維持し、低レベルの汚染に対応をすることによって、本格的なクリーニング方法を用いた回復的なメンテナンスを行う場合に、コストを削減することができます。メンテナンスに計画性を持たせることは、カーペットの維持管理を楽にしてくれます。