東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます
トップページ > コラム > カーペットクリーニングを行って快適な生活を送る

カーペットクリーニングを行って快適な生活を送る

落としにくいシミもしっかりと落とす



カーペットは通常クリーニングに出してきれいにするのですが、家で普通に洗っただけでは落としにくいシミなどをきちんと落とすことができません。しかし、カーペットクリーニングに出すと、落としにくいシミまできちんと落としてきれいな状態になって返ってきます。なぜこのようにきれいにできるのかというと、繊維まで染みこんだ汚れを出すことができる薬剤や機械を使用しているからです。

このような特別な機械や薬剤を使用することで、普通に洗っただけでは取れないような汚れまで落とすことができるのですが、どのような汚れであっても落とせるというわけではありません。特に油汚れなどはかなり落としにくくなっていますし、人によっては油で汚れている部分だけ水につけて擦ってしまう人もいるでしょう。しかし、このような手間をかけることで、逆に油汚れが落ちにくくなってしまいます。

できる限りきれいにしてもらうためには、自分では特に対策を行わず、できるだけ早くカーペットクリーニングに出すということが重要になります。自分では良かれと思っていたことであっても、実際には汚れを落としにくくしてしまうということがあるので注意しましょう。汚れたままになっているとその部分からカビが生えてしまうことになり、自身の健康を害してしまう可能性もあります。そうならないためにも、汚れたら早めに対策を練ることが重要です。



カーペットクリーニングの主な手順



業者によっても多少異なるのですが、カーペットクリーニングに出した場合には、大体このような流れで作業を行うことになります。まずは検品を行い、どのような状態であるのかを確認します。シミの箇所やどのような汚れ方なのかという点もしっかりと確認し、汚れている部分のサイズなども確かめます。素早く現状を把握し、来客に対してわかりやすく説明して、双方で納得がいってから作業に入ります。

最初に行う作業は、カーペット全体に専用の薬剤を散布します。シミや汚れが目立つところには、念入りに薬剤を散布していき、専用の機械で全体をきれいにしていきます。使用する機械は、どこの業者であっても大体同じ物を使うことが多いでしょう。機械で落ちなかったシミや汚れに関しては、手作業で丁寧に落としていきます。

それから洗浄をしながらさらに機械できれいに落としていくのですが、この段階で、大半の汚れは落ちてしまいます。落ちていない汚れに関しては、さらに手作業できれいに落としていくので、次の作業に進む前にはきちんとシミや汚れを除去した状態にしなければいけません。きれいになったら丸洗いをして水をしっかりと切ります。水切りの作業が終わったら、除菌剤を使って殺菌消毒を行い、さらに柔軟剤を加えてフワフワな感じに戻します。

これでもまだカーペットクリーニングは終了したわけではなく、今度は大きな洗濯機のような機械ですすぎを行います。しっかりとすすぎ終わった段階で、きれいに汚れが落ちているのかを再検査し、問題なければ房をきれいな状態に戻す作業を行います。家で洗うと房が全く揃っておらず、ゴワゴワとした状態になってしまうので、業者に依頼することが多いのです。房を整え終わったら、最後に低温でじっくりと乾燥させれば完了となります。大体このような流れで作業を行っていきます。



ペットや人間の毛も除去できる



カーペットで厄介なのは、人間の抜けた髪の毛や、ペットの抜けた毛でしょう。毛というのはカーペットの繊維に絡まってしまうので、素人が洗っても落ちにくくなっています。しかし、カーペットクリーニングに出すことで、しっかりときれいな状態になって返ってきます。人間やペットに関わらず、毛というのはダニの餌になります。そのまま放置していると、ダニがどんどん増殖してしまうという事態になるので、早めに対策を練る必要があります。

カーペットクリーニングの業者によっては、防ダニ加工を行ってくれることもあるのですが、通常の料金に追加されるのが一般的です。それでもダニが増殖しにくくなるのですから、行ってもらうと気持ちよく使用できるでしょう。ダニが原因でアレルギー症状が発症する可能性もあるので、特に小さな子供がいる場合などは、防ダニ加工は欠かせないでしょう。しっかりと洗って天日干しをすれば、ダニというのは死滅するのですが、ダニの死骸が残ってしまいます。

死骸もアレルギーの原因になるので、死骸までしっかりと除去するためには、カーペットクリーニングを利用しないと難しいでしょう。通常防ダニ加工というのは薬剤を使用するのですが、小さな子供にも安心安全な薬剤を使用するのが一般的です。ダニというのは比較的生命力が弱いので、専用の業者であれば簡単に除去できます。さらに絡まった毛もしっかりと取り除いてくれるので、家に犬や猫などのペットを飼っている人は、頻繁にカーペットクリーニングに出すと清潔に保つことができます。