東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます
トップページ > コラム > ソファークリーニングの素材に適した洗剤と作業手順

ソファークリーニングの素材に適した洗剤と作業手順

ソファークリーニングを行う業者は、特殊な機械や道具で汚れを落としますし、素材に合わせて良い方法が検討されます。
洗剤は強力な方が汚れは落ちますが、重要なのは洗浄力だけではなく、無理なくソファークリーニングが実現出来る事で、素材を傷めず綺麗になる方法が理想です。
消費者から依頼を受けて行う作業ですから、大切な顧客の物を預かる仕事ですし、洗浄前よりも綺麗で清潔な結果が求められます。
つまり、ソファークリーニングを請負う業者は慎重になりますし、素材の判別や洗剤の有効性が確認出来たとしても、古くて傷みがある対象の場合は意図的に洗浄力が落とされます。

業者の判断によっては、作業その物がキャンセルされたり、対応が難しいと拒否される可能性が高まります。
しかし、素材を見分ける目と対応の技術を持つプロならば、難しい対象であるとしても出来ないとは言いませんから、より安全で良い方法を模索しながら仕事が進められます。
手間を惜しまない業者なら、洗剤は複数の種類を使い分けますし、段階的に様子を見て対応が変えられます。
状況次第では、強力なはずのクリーナーも使用しませんから、柔軟な対応力を持つと考えられますし、優れた結果を出す期待感が生まれます。

プロが使用する製品の多くは、市販の物と大きく特性が変わらない物や、特定の用途に強い力を発揮する薬剤が選ばれますし、足りない部分は技術と素材に合った作業でカバーされます。
素材によっては汚れを吸い込み易く、液体は素早く内部に浸透するので、表面からは落とし切れない状態が想定されます。
分解して内部から洗浄を行うのでなければ、表面的な汚れ落としに留まりますから、機械の特徴や作業に詳しい点が能力の条件ですし、最適な洗浄剤選びもまた、ソファークリーニングに欠かせなくなります。
ソファークリーニングの経験が多いスタッフは、過去の仕事から類似した状況を思い出し、手持ちの道具で同様の状態を再現しますから、短時間で顧客が求める成果を出す事が可能です。

大手の業者でソファークリーニングを請負うプロは、手順がマニュアル化されている場合があるので、スタッフによる仕上がりの差が発生し難く、失敗する確率を下げる利点を持ちます。
技術だけを見ると、個人で経営している方が優れていると考えられますが、多くのスタッフを抱えている企業ならば、マニュアル通りの方が人材育成が捗りますし、現場の効率化を含めても現実的ですから、洗浄剤選びや手順を決められている事が顧客に安心感をもたらします。9