東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます
トップページ > おそうじ豆知識 > カーペットのシミについて 詳細

おそうじ豆知識

カーペットのシミについて
2013.04.10 更新

カーペットのシミについて カーペットのシミ



◆No.1 紅茶・コーヒー・ワインなどの液体の場合◆


気を付けていても、いつの間にかついてしまうシミ。
慌ててあれこれ自分なりにやってみても、薄くなればいい方で下手したら広がったり、色が変わったりしてしまいます。
応急処置がとても大事になります。
まずは、液体をこぼしたらきれいなタオルで水分を吸い取ってください。
決して擦ったりしないで下さい。
上から押さえタオルに液体を移しましょう。
面を変えながら繰り返しましょう。
次に、熱めのお湯を少量かけ、タオルを上に乗せてお湯を吸い取りましょう。
大体の汚れはかなり薄くなっていることでしょう。
それでも取れなければ、ホウ砂を溶かしたものをかけ、しばらく待ちタオルに
水分を吸い取らせ、お湯をかけてそれもタオルで水分を取りましょう。
いろいろな薬剤を使って、取れないからとお問い合わせを頂くことが多々あります。薬品と科学反応をおこしてしまったものや、時間が経ちすぎて染色されてしまっているものは、元に戻すことは不可能に近いです。
液体ジミが出来てしまったら、まずは液体をよく取り、お湯をかけ再度水分を取って、それでも全く手に負えない場合は、早めに専門業者に依頼されることをお勧めします。時間が経つと、取れるものも取れなくなってしまいます。
(血液はお湯をかけると固まりますので注意が必要です。またホウ砂の変わりに塩水を使います)

おそうじ豆知識一覧へ戻る