東京エリアのご提供サービス制限のお知らせ
サービス一覧

お問い合わせ

お気軽にお電話下さい 0120-599-699 受付:(月~金)9:00から17:00(祝日・年末年始はお休み)お問合せ・無料見積り・お申込みはコチラ

対応エリア

大阪市
東京都
対応エリア(大阪市内,東京都内)
東京都内では一部対応エリア外がございます

行事の豆知識

端午の節句
2017.04.19 更新

端午の節句 【5月5日は端午の節句】  


端午の節句の起源は、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習が、中国から伝わった端午と結び付けられました。
鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。
鎧、兜、刀、武者人形や金太郎を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが典型的な祝い方で、鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。
こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願しています。
端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習がありますが、柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まりました。